ベランダガーデニングを成功させよう 容器について


 HOME > ベランダガーデニングって難しいの? > 容器について

■今までのベランダガーデニングの場合
今までのベランダガーデニングの場合
1 たくさんある容器を移動しないと排水溝のおそうじができません。

2 ベランダに収納スペースがないので、小物が散乱しやすい。

3 鉢が小さく保水力も弱いので、ベランダなど乾燥しやすい環境では、毎日の水やりが大変です。

4 夏場はコンクリート等に直置きにすると植物が高温障害をおこしやすい。

5 目隠しのための高木を置くと風で倒れてしまう。


■プランティングファーニチャーの場合
プランティングファーニチャーの場合
1 容器を移動しなくても下部開口部から排水溝のおそうじができます。

2 小物の収納ができ、ベランダがスッキリ。

3 土量が多く保水力が強いので、水やりが軽減できます。 土の渇き具合を見ながら、水やりは控えめにしてください。

4 高さがあるので、高い樹木を植えなくても緑のボリュームが得られます。

5 本体に高さがあるので、イスに腰かけての作業ができます。

■今までのベランダガーデニングの場合
1、本体の底部に1週間ほどの灌水保水量が確保できます。※注意
2、小旅行や留守にする時の水やりの心配が軽減されます。
3、日常でのメンテナンスも土の乾き具合をみながら、水やりはひかえめにして下さい。

※注意)高層階など、風などの自然環境の違いや季節により乾燥状況が異なります。
    1週間はあくまで目安です。

TOPへ戻る