ベランダガーデニングを成功させよう 土について

ベランダガーデニングを成功させよう 土について | ブルームフィールド - ベランダ・インテリア ガーデニング -

 HOME > ベランダガーデニングって難しいの? > 土について

■今までのベランダガーデニングの場合
今までのベランダガーデニングの場合
1 鉢が小さいのであふれた水と一緒に土が流れ出てしまいます。
・流れ出た土がたまり、排水溝を塞ぎ、漏水の原因になります。
2 水やり時の水が土に蓄えられず、そのまま外に流れ出てしまいます。(保水力が弱い)
・ベランダなどの場合、保水力が弱いと風の影響ですぐに土が乾燥してしまいます。
3 肥料をあげても、根に十分吸収される前に水やりの水と一緒に外に流れ出てしまいます。(保肥力が弱い)
4 一般の土は根から出る老廃物を土の中にためてしまいます。
・土の入れ替えが必要になります。古土の処分に困っている人が多いのでは。
5 流れ出た肥料分が排水溝や共有の排水口に入り、時間の経過と共に藻が発生し、配水管を塞いでいきます。
6 配水管や排水溝でつまり、漏水の原因となり、将来的に漏水ヶ所を特定することが難しくまり、メンテナンスの費用がかさみます。

■プランティングファーニチャーの場合
プランティングファーニチャーの場合
1 土量 があるので、土が流れ出ません。

2 水やり時の水を専用土が吸収し、蓄えます。(保水力が強い)
・土の保水力が高いので、ベランダ等の風による乾燥の影響を小さくすることができます。
・ろ過排水タイプの場合2~3日、底面 灌水タイプの場合1週間程の保水力があります。
3 保肥力が強いので、根からゆっくりと肥料分が吸収されていきます。
・土を新鮮に保つことができるので、長期間(5年間)土の入れ替えを必要としません。
4 専用土には根から出る老廃物を吸着して分解する力があります。

5 専用土の保肥力に加えろ過層で肥料分の流失を強力に押えます。

6 排水溝のお掃除もやりやすく、藻の発生を抑えることもできるので、メンテナンスが楽にできます。

TOPへ戻る