三輪先生のガーデニングABC
  1. トップページ  >  
  2. ガーデニングABC  >  
  3. 三輪先生のガーデニングABC  >  
  4. 第4回 伝統のアサガオとその仲間

■第4回 「伝統のアサガオとその仲間」

 アサガオは日本の夏の風物詩として代表的なもののひとつですが、もともと日本原産のものではありません。
日本にアサガオがもたらされたのは、約1200年も前の平安遷都のころ遣唐使によって薬用として中国から紹介された、というのが有力な説になっています。
中国では種子を「牽牛子(けんごし)」の名で下剤として使われていましたが、原産地は熱帯アメリカではないかといわれています。

 アサガオは江戸時代に園芸植物として日本で独自の発展を遂げ、いろいろな花色、葉形、葉色、さらには花型の非常に変わったものが次々に現われ、特に花型の変化はほかの花に例を見ないほど珍奇なものがあり、独特の世界を形づくっています。
大輪朝顔の展示会
大輪朝顔の展示会。このような展示会が全国各地で夏の間
開かれています。

▼伝統アサガオの系統
日本で独自の発達をした伝統的なアサガオは「大輪アサガオ」と「変化アサガオ」とに大きく2分されます。

大アサガオ輪

花の直径が20cmを越える大きな花を咲かせる系統で、花の色も濃い黄色以外のほとんどあらゆる色合いや縁取り、縞、吹き掛け絞りなどさまざま模様を持つ品種があります。
1mmでも大きく咲かせることを目的に技術を競い合ったり、必ずしも花の大きさにこだわらずに、たくさんの花を一度に咲かせて豪華さを競うなど、全国各地に長い伝統を持った愛好会があって、それぞれ独自の品種や仕立て方による鑑賞方式が成立しています。
大輪アサガオの品種「紫時雨」
大輪アサガオの品種「紫時雨」。さまざまな色模様のひとつです。

変化咲きアサガオ

 花の変化の形は非常に数多くありますが、そのひとつひとつに名前がつけられていて、その変化を表わす遺伝子が存在します。
ひとつの花にいくつもの変化が重複して現われると花型は著しく奇形化し、とうていアサガオとは思えないようなものが出現します。
 多くの場合、このような花の構造の変化を起こしたものは、雄しべや雌しべが花弁化して本来の機能を失っており、このような株から種子をとってその性質を維持することはできません。
そこで、外観では正常な花を咲かせるけれども潜在的に変化を現わす遺伝子を持っている株を維持してそれから種子を採り、次の代の中から少数の変化咲きを表わす株を選別して行くというたいへんな努力が必要になります。
現在ではこのような遺伝の法則は現代科学によってくわしく解明されていますが、何百年も前から経験則として伝承されてきたことはおどろくべきことです。
 このような変化アサガオは静岡県内でも各地で愛好者によって保存され、8月を中心に小規模ながら展示会も開かれますから、実際に目にする機会もあるでしょう。
桔梗咲き
[桔梗咲き]:花弁が星形に切れ込んだ、変わり咲きのひとつ。
この花型のものは雄しべや雌しべが正常で種子ができるので
維持が容易です。種子も売られています。
獅子牡丹咲き
[獅子牡丹咲き]:花弁が細かく切れ込んだ上に、雄しべ、
雌しべが花弁化して、複雑な花型になっています。
車咲き牡丹
[車咲き牡丹]:花弁が深く切れ込んだうえに、雄しべ、
雌しべが大きく発達して突出している、非常に変わった
花型です。
撫子咲き牡丹
[撫子咲き牡丹]:花弁が細かく切れ込んで、撫子の花を
思わせる花型です。
・そのほかのアサガオの仲間

 日本で一般にアサガオとして広く栽培されている中にも、植物分類上は日本の伝統的なアサガオ(Ipomoea nil)とは違った種がいくつかあります。
しかし、どれも見た目や性質などがよく似ていることから、あまり意識して区別されていません。
伝統的なアサガオが鉢植えで鑑賞されるのに対して、これらの近縁の種は生育が非常に旺盛だったり、低温に強かったり、日中遅くまで咲いていたりする性質を持つものがあって、生垣や日よけ棚などによく利用されています。
ふつうのアサガオのつもりで花壇やプランターに植え込んだものの中に、これらが含まれていることも多いと思います。
 欧米諸国で栽培されているマルバアサガオ(Ipomoea purpurea)は名前のとおり丸くて切れ込みのない葉を持っていて、これとアサガオとの雑種として日本で育成された「曜白(ようじろ)アサガオ」は花つきもよく花の期間も長いので、生垣やスクリーン用に非常に適した品種です。
アサガオの漏斗型の花は、もともと5枚あった花弁がくっついてできたものと考えられ、もとの花弁の中央にあたる少し厚くなった筋を「曜(よう)」と呼んでいるのですが、写真のように花弁の周囲とこの曜の部分が白い、コントラストが美しい二色花を咲かせるのでこの名があります。
 ソライロアサガオ(Ipomoea tricolor)もしばしば「西洋朝顔」の名で種子が売られています。
この中の'ヘブンリー・ブルー'という品種が特に有名で、沿岸の暖かいところでは11月ぐらいまで、その名にたがわない澄んだブルーの花を絶え間なく咲かせる優れた品種です。
気温が下がってくると花色が一段と深みを増してきます。成長も非常によく、ふつうのアサガオと違って葉のつけ根いくつものつぼみをつけるので花数もとても多くなります。
数咲き作り
一度にたくさんの花を咲かせる「数咲き作り」。
つぼみの発育をそろえる高度な技術が必要です。
曜白朝顔
[曜白朝顔]:アサガオとマルバアサガオの雑種から
生まれた、二色のコントラストの美しい垣根用の
アサガオです。
最近、琉球アサガオ、宿根アサガオなどの名前で広がっているのがノアサガオ(Ipomoea indica)です。
日本の西南暖地の海岸沿いには自生していて、沖縄でアサガオといえばこれを指すということです。
成長が旺盛で青紫色の比較的大きな花を秋遅くまで咲かせます。
アサガオの仲間はどれもふつうは毎年種子をまいて育てますが、この種類は種子がほとんどできないので、苗で流通しています。
寒さに強く、「宿根」の名のとおり、静岡県の平地であれば、冬にはツルが枯れても株が残りますから、毎年たくさんの花を見ることができます。
場所によっては茂りすぎてもてあますかも知れません。
ノアサガオ
ノアサガオ:琉球アサガオ、宿根アサガオなどの名で流通
している丈夫な青色のアサガオです。


 
Bloom Field
株式会社アイ・アンド・プラス Bloom Field事業部